iPad連動顔認証システム

ハードウェア依存の少ない、顔認証システムを開発。従来のPCとウェブカメラにソフトウェアを組み込むだけで顔認識システムが導入できます。

さらに、認識した顔データとデータベースを照合し、そのデータをiPadに転送する事も出来るので、接客業などの顧客ロイヤリティ向上にもご利用いただけます。

【全体図】

kaoninshou

【ソリューション実績】

●来訪者管理システム

初回のみ、来訪者には顔を登録してもらい、データベースをユニークなIDにて作成します。

同時に、バーコード、進入時間、顔写真入りのカードをプリントアウト。

退出時にバーコードを読み込ませ、退出時間を刻印。

次回以降は、顔を読み込むだけで手軽に顔写真付きの来訪者の入退出管理が出来ます。

データベースとして持っているため日次、月次、人別など各種条件に沿った形での入退出記録をアウトプットする事も可能です。

【その他使用例】

●エントランスにカメラを設置して、来訪者の顧客ロイヤリティ向上。

●ブラックリストを作成し、防犯での用途。

【要求スペック】

ハードウェア:

・Intel Pentimu I3 (3.00 GHz)

・2 GB RAM

・2 GB Virtual Memory

・2 GB 空ハードドライブ

システム:

・Microsoft Windows XP 2002 Service Pack 3

・Microsoft dot Net framework 3.5

・Microsoft Visual C++ 2005 Redistributables

その他:

ウェブカメラ、バーコードスキャナ等